期待をかけすぎるのは良くないこと

プレッシャーに注意する

早期英才教育をする親は、プレッシャーを与えすぎてしまう傾向が見られます。
子供はまだ精神ができ上がっていないので、過度なプレッシャーに耐えることができません。
ずっとプレッシャーを与えながら勉強させていると、子供の心が壊れてしまいます。
あまりプレッシャーを与える言葉を言わないでください。
具体的には勉強して良い学校に入る、今勉強しないと将来ダメになるというような言葉です。

立派な人間に成長してほしいというのは、どんな親でも抱いている願いでしょう。
思うだけなら良いので、声に出さないでください。
子供がテストで100点を取った時は、たくさん褒めてあげてください。
それだけで、プレッシャーから解放される場合があります。

きちんと褒めることを意識

進んで子供が勉強していたら、褒めてください。
早期英才教育をしていると、勉強することが当たり前になってしまいます。
すると時々子供が休憩していると、休まないで勉強しろと命令する親がいます。
休憩を挟まないで勉強させることは、子供に悪影響を与えます。
また、テストの点が悪かったからと言ってむやみに叱らないでください。

子供は、子供なりに頑張ったと理解してください。
テストで間違えたところがあれば、どうして間違えたのか親子で考えてください。
それが親子間のコミュニケーションになりますし、子供の心が傷つきません。
時々は親から、休憩しても良いと伝えるのもおすすめです。
すると、子供は勉強ばかりしなくても良いと認識できます。


この記事をシェアする