注意して早くから勉強をさせよう

遊ぶことも大事に考えよう

友人と一緒に遊ぶことで、協力することの大切さを学べます。
子供の頃から勉強ばかりしていると、友人と遊ぶ暇がありません。
ですから、成長するにつれて孤独を抱え込むようになります。
小学校や中学校に入って、友人が1人もいないのは悲しいです。
早期英才教育をするのは良いですが、遊ぶ時間を削って勉強させることはしないように気を付けましょう。

子供にとって友人と遊ぶことは、とても大切な行為です。
人とコミュニケーションを取ることを知らないと、自分勝手な性格になることも考えられます。
それではますます、周囲から孤立してしまうでしょう。
同世代の子供がいる環境の中で、勉強させるのも良い方法です。
すると勉強しながらも、友人を作れるでしょう。

自主性を大事にしよう

親が勉強させていると、子供は自分から行動できなくなってしまいます。
早期英才教育をすると、自主性が無い人間に成長しやすいと言われているので気を付けてください。
子供が小さい段階では、親が何を勉強するのか決めてください。
ですがある程度自分でかんがえることができるようになったら、勉強のスケジュールを考えさせましょう。

どのぐらいのペースで勉強していれば、課題をクリアできるのか考えることで、計画性が養われます。
たくさんのことを子供に勉強させたいと思っているかもしれませんが、何でも親が考えて課題を与えるのはよくありません。
英才教育をする時に、陥りやすい落とし穴になります。
ガマンして、子供を見守ってください。


この記事をシェアする