早期英才教育で気をつけるべきこと

デメリットを把握することが大事

勉強ばかりさせるのは逆効果

人間は、幼い頃から勉強することで脳を発達させることができると言われています。
ですから今は、幼児やそれ以下の年齢の頃から勉強させる親が増えています。
小さい子供がいる家庭では、そろそろ勉強を始めようと考えているでしょう。
確かに英才教育を受けることで、学習能力が発達します。
小学校や、もっと大きくなって中学校に進んだ時に授業内容を理解しやすくなるメリットがあります。
ですが勉強ばかりさせることで、子供が他の子供と協力できなくなることがあるので注意してください。

子供の頃に友人を作って、一緒に遊んだり何か1つのことを成し遂げることで協力する大切さを学びます。
協力することは、人間にとって欠かせない能力です。
大人になって会社で仕事をする時に、孤立していると作業を進めることができません。
困った時に助を求められない人間に成長してしまいます。
勉強させることは悪いことではありませんが、そればかりにならないよう注意しましょう。

勉強と同じくらい、遊ぶ時間も確保してください。
すると子供は、学習能力も高くなりますし、友人と遊ぶことで心も成長させることができます。
机に向かって勉強しているだけでは、心を成長させることはできません。
どんなに優秀な人物でも、人間性に問題があると社会で生きていくことはできません。
早期英才教育をする時は、遊ぶ時間を減らさないように注意してください。
まだ年齢が幼い頃は、遊ぶことも勉強と同じくらい重要です。

注意して早くから勉強をさせよう

勉強させていると、友人を作ることができなくなります。 幼い頃に遊んだ経験がないので、どのようにして人とコミュニケーションを取れば良いのか分からないでしょう。 また、子供の自主性が失われるとも言われています。 自分から進んで行動する子供に育てましょう。

期待をかけすぎるのは良くないこと

立派な大人に成長してほしいので、子供に過剰な期待をする親が見られます。 もちろん期待するのは良いですが、やりすぎに問題があります。 子供が親の期待を、プレッシャーに感じるかもしれません。 早期英才教育を心がけている親は、期待をかけすぎる傾向が見られます。

勉強が嫌いになるかもしれない

勉強だけの毎日になると、子供が勉強を嫌いになる可能性があります。 小さい頃に嫌だと思ったら、成長してからもずっと嫌いなままです。 学校に入っても進んで勉強できないので、授業内容を理解できません。 賢い人間に育てようと思ったのに、早期英才教育が逆効果になります。